お墓参りしやすく、管理が行き届いた東京都内の樹木葬を行う墓苑を紹介

樹木葬にはどのような種類がある?

樹木葬とは樹木をシンボルにしてその下に遺骨を埋葬する自然葬のことですが、その種類としては里山型と公園型があります。

ここでは樹木葬の墓の種類について紹介すると同時に、その特徴と東京での選び方についてお伝えします。

 

里山型と公園型の違いにはこんな点があります

樹木葬は自然に帰ることのできる埋葬法ですが、その場合には里山に木を植えて遺骨を埋葬する里山型と、霊園や墓地などに樹木葬のための区画を設けて遺骨を埋めるような公園型の2つがあります。

里山型では美しい自然に囲まれた環境ということになりやすいのですが、ただ山の中なのでアクセスがしにくい場合が考えられます。

これに対して都市近郊の場合は公園型となり、この場合は通いやすいだけでなく庭苑のようなタイプなど色々な雰囲気のところから選ぶことができます。

また木だけでなく花なども使っているところも多いのでその点でも自然を楽しめると言えるでしょう。

 

樹木葬を選んだ場合のメリットについて

最近ではこのような墓を選ぶ人が増えていると言われていますが、人気の理由としてはどんな宗教でも埋葬が可能なことや料金が普通の墓に比べて安いということなどが考えられます。

特に東京の場合は一般的な墓では見つけにくいというだけでなく、費用がかなり高くなりやすいのですが、樹木葬の場合は30万~70万位という安さで、しかも多くの場合は永代供養が可能なので墓の後継者がいないような場合でも選びやすいと言えます。

そしてこのような墓では合祀型の他、1人用、夫婦や親子の2人用、家庭の4人用などの墓を選ぶことも可能なので、自分の希望に合ったタイプの墓を探しやすいと考えられます。

そして合祀型ではかなり費用が安くなるという利点があります。

個別型の場合には一定の年数を経た後は骨壺から土へ返される形になり、そこで永代供養をされることになりますが、それまでは一般の墓と同じようなお参りが可能となります。

また、この種の墓では見た目が美しい場合が多いので、お参りと同時に楽しく散歩をすることもできます。

このように樹木葬では色々なメリットがあるので、これからも利用者が多くなると考えられます。

 

東京でのこのような墓を選ぶ場合の注意点

東京にはこのような墓もたくさん存在しますが、色々なタイプのものがあるので、この地域で選ぶ場合には特に自分の希望に合うところを探すことが大事です。

例えばスポットをしっかり選ぶことが大切ですが、魅力のあるようなところでは追加料金が必要なこともあり、また安いところの場合は管理がほとんど行われないなどのデメリットがある場合も考えられるので、それぞれに関して特徴を良くチェックしてから選ぶことが大切です。

そして、できれば管理や手入れなどをきちんとしているような場所を探す方が良いでしょう。

さらにここではバリアフリーになっているところも複数あるので、自分や家族が必要とする条件を良く考えてそれに合うようなところを選ぶことが大事です。

また、気を付けた方が良いのは墓を買う前に下見をしっかりと行うということです。

実際に自分の目で見て様子を確認すると同時に、管理をしているスタッフにも話をしっかりと聞いてそこが自分に合っているかをきちんと考えてみることをおすすめします。

さらに利点があるとしても、家族が通う必要がある場合には彼らの意見も聞いて、家族も納得できるようなところを選ぶことも必要と言えます。

 

樹木葬は樹木の下に遺骨を埋める自然葬で、これには里山に植樹して遺骨を埋める里山型と霊園や墓地などの区画に遺骨を埋葬する公園型の2種類があります。

この種の墓を選んだ場合のメリットとしては、宗教に関係なく選べたり一般の墓地よりも費用が安いということなどが挙げられます。

また、永代供養のところが多いので墓の後継者がいなくても購入しやすいメリットもあります。

そして東京にはこのような種類のところもたくさんありますが、この場合は特に自分の希望に合うところをしっかりと探し、それぞれの場合の特徴をきちんとチェックした方が良いでしょう。

そして、購入の前に下見をしたり業者の人に相談をしてみることも大切です。

さらに、家族も満足できるようなところを選ぶことも必要と言えます。

サイト内検索
樹木葬5選
青山梅窓院墓苑(梅林苑)(ばいそういん)
町田いずみ浄苑(まちだいずみじょうえん)
宝珠院 芝庭苑(ほうじゅいん しばていえん)
花小金井ふれあいパーク
道往寺(どうおうじ) 高輪庭苑(たかなわていえん)
記事一覧