お墓参りしやすく、管理が行き届いた東京都内の樹木葬を行う墓苑を紹介

樹木葬で起こってしまうトラブルとは?

亡くなった方の遺骨を、樹木の根元に埋骨する樹木葬というものがありますが、どこで行ってもよいというものではありません。

樹木葬ができるところはきちんと定められているので、それに従って埋骨するようにしましょう。

自身の好きな場所に勝手に埋骨してしまうと、大きなトラブルへと発展する可能性があるので気をつけなければいけません。

もしも、自分が亡くなった後に樹木葬をして欲しいと考えるなら、家族に迷惑をかけないためにも、トラブルにならない方法を知っておきましょう。

 

お墓として許可を取っているところのみ

山や海などへの散骨は比較的自由に行えるため、自然に帰すという意味で同じような樹木葬も、それほど制限がないと考えているかもしれません。

しかし、埋骨は散骨とはまったく異なっていて、埋められる場所が決まっているので気をつけましょう。

その埋骨してもよい場所は、墓地として国から許可を受けたところのみなので、樹木葬だからといって特別なところに埋められるわけではありません。

そのため、樹木の根元への埋骨を望むならば対応する墓地を探して、そちらにお願いする必要があります。

墓地によっては、樹木葬をまったく受け付けていないところもあるので、いろいろ調べてみるとよいです。

ちなみに、散骨は自由に行えるといっても自然環境や人への配慮をしなければいけないため、ある程度のルールやマナーは存在しています。

それらをすべて把握するのは難しいので、散骨をしたいのなら対応する業者の利用を考えたほうがよいです。

業者ならば、一切トラブルにならない方法を知っているため、安心して散骨が行えます。

 

自宅の庭に埋めることができない理由

亡くなった方にいつまでも側にいてもらって見守って欲しいと考えた場合、自宅の庭への樹木葬を望む場合もあるはずです。

しかし、墓地として自宅の庭を登録するのはまず無理なので、それは難しいと考えたほうがよいでしょう。

許可のない場所に埋骨してしまうと、死体遺棄に問われて刑罰の対象となってしまいます。

ちなみに、火葬のときに個人の骨をいくつか持ち帰って、自宅の庭に埋めることはできるでしょう。

しかし、法律で禁止されているのはもちろん、近所の方にその様子を見られたらトラブルに発展してしまう可能性があるので、まったくおすすめできません。

自身が住んでいるすぐ側に、人骨が埋まっているのを気持ちが悪いという方もいるため、ばれなければよいと考えて庭に埋骨するのはやめましょう。

 

個人に相応しい場所をしっかりと探そう

お墓に関して何もこだわりがないのなら、スタンダードな方法とはいえない樹木葬を選ぼうとは考えないはずです。

もしも、自身が永遠の眠りにつく場所にこだわっているのなら、生前から自身が望むロケーションの墓地を探すようにしましょう。

家族や親戚が通いやすいように、近場で選ぶのもよいですが、景色がよいところは全国各地にあるので、遠方の墓地も対象とすることをおすすめします。

それは、手間のかかる墓石を利用せず、管理がほとんど必要ないのがメリットなので、頻繁にお墓参りに来てもらう必要もないからです。

お墓参りの利便性を取るか、ロケーションのよさを取るかは、個人次第なので満足できるところを選びましょう。

なお、樹木葬を行っている墓地では、現地を見て回れるように、見学が可能になっている場合が多いです。

そのようなところは、公式ホームページで景色や環境などの写真を掲載してくれているので、まずは目を通してみましょう。

それらの写真が気に入ったのなら、実際に現地を訪れて、そこに骨を埋めてもよいかじっくりと考えることをおすすめします。

 

樹木葬は自宅で行うことは認められていないため、トラブルにならないように、対応する墓地を利用しましょう。

全国で調べてみれば、景色がよいところはたくさんあるので、終の棲家として満足できる場所をきっと見つけられるはずです。

 

サイト内検索
記事一覧