お墓参りしやすく、管理が行き届いた東京都内の樹木葬を行う墓苑を紹介

樹木葬で起こってしまうトラブルとは?

樹木葬を希望するのなら、じっくりと考えたうえで、実行しなければトラブルに巻き込まれる可能性があります。

一度、埋葬すると、そこにずっと眠り続けることになるので、トラブルが起こらないように対策をして樹木葬をおこないましょう。

 

一番やってはいけないのはお墓以外に埋めること

樹木葬をおこないたいと考えたとき、どこの木の根元に埋めても大丈夫だと思っている場合もあるはずです。

しかし、実際はお墓に指定されている土地でなければやることはできないので気をつけましょう。自宅の庭はもちろん、自然公園や山などにある樹木の根元に埋めるのは絶対にやめるべきです。お墓に指定されていないところに埋めてしまうと、死体遺棄罪に問われるため、法律上のトラブルになってしまいます。

大切な家族に頼まれてどうしてもやりたいと考えるかもしれませんが、犯罪者になるのはよくないので、法律はきちんと守るようにしましょう。もしも自然に帰りたいと願うのなら遺骨をまく、散骨という手段を選ぶこともできます。こちらならば、法律で罪に問われることはないので、自然に帰りたいという希望をしっかりと叶えられます。

ただし、適当に遺骨をまくというわけにはいかないので、専門のサービスを頼ることをおすすめします。そちらならば、遺骨を散骨できる状態にしてくれますし、まいてもまったく問題のないところを教えてくれます。サービスによっては、代わりに散骨してくれるところもあるので、まきにいけそうもないのなら頼んでみましょう。

 

家族とのトラブルに注意すること

樹木葬は、今はまだスタンダードな方法として認知されていないので、自身がこの世から去ったあとにおこなって欲しいといえば、家族の反対を受けることもあるでしょう。そのため、樹木葬をして欲しいのなら、亡くなったあとに必ず実行してもらえるように、話し合いをしておかなければいけません。

自身が死んだあとの埋葬方法は、最終的には家族が決めることになるので、きちんと話し合いをしていなければ希望を叶えてくれない可能性があります。なお、樹木葬をおこないたいのなら、一般的なお墓の形ではないことを理解しておきましょう。

故人の専用のお墓ではなく、共同墓地のようなものなので、家族が反対する気持ちも分かってあげなければいけません。それを踏まえて話し合いをしなければ、家族間でのトラブルが起こる可能性が高いので気をつけましょう。

 

手入れが行き届いているか

自然があふれる中で眠ることができるのを、樹木葬の大きなメリットと考える人も多いでしょう。

しかし、自然に任せていては、見た目が悪くなってしまうので、定期的な手入れは必須だといえます。そこで問題となるのが『管理者はどのような手入れをしてくれるのか』ということです。埋葬スペースは自分だけのものではなく、複数人のスペースとなっているため、家族が勝手に手入れをすることは難しいです。

そのため、管理者が手入れをすることになるのですが、適当におこなっているところだと、見た目が酷くなっても放置されている場合もあるかもしれません。

もしも、そのようなトラブルに遭いたくないのなら、埋められるスペースを何度も見学しましょう。いつ訪れても、キレイな状態に保たれているというのなら、手入れが行き届いた樹木葬だといえます。

 

比較的新しい埋葬方法の樹木葬は、軽い気持ちで実行してしまうと、トラブルが起こってしまう可能性があります。そのため、絶対に成功させたいなら、個人で動くのではなくサービスを提供してくれる業者の利用も考えましょう。

業者ならば、有益な情報をたくさん持っているので、トラブルが起こりにくい樹木葬をおこなうことができます。立地や費用など、業者にいろいろと相談をして、最適な条件でおこなう方法を教えてもらいましょう。

 

 

サイト内検索
記事一覧