お墓参りしやすく、管理が行き届いた東京都内の樹木葬を行う墓苑を紹介

樹木葬だと後継ぎが必要ない?

樹木葬とは樹木をシンボルとしてその下に遺骨を埋葬し自然に還す自然葬で、東京でもこの種のものがたくさん存在しています。そしてこの場合には永代供養となるので、継承者がいなくても大丈夫というようなメリットがたくさんあります。

ここでは、そのような樹木葬の特徴や特に東京で選ぶ場合の利点とその際の選び方について書いていきます。

 

樹木葬の種類とそのメリットについて

木を目印として遺骨を埋める樹木葬では、里山に植樹して遺骨を埋葬する「里山型」と霊園などに造られた樹木葬の場所に遺骨を埋める「公園型」の2種類があります。

そして東京の場合には後者となりますが、ここでは東京ならではのいろいろな特徴があって、通いやすい場所がたくさん存在します。また樹木葬のメリットとしては、永代供養ということで後継ぎがいないような単身者や夫婦でも利用しやすいということが挙げられます。

さらにこの場合には費用が30万円~70万円ということなので、墓石を使うような一般的な場合よりも費用が安く、年間の管理費が不要というところも多いようです。

 

東京の樹木葬のさまざまな特徴について

この種の納骨方法は東京でも数多くおこなわれていますが、この場合には非常に多くのメリットがあると言えます。ここでは駅の近くで行きやすかったり、都心の有名な場所に近いので買物などをした後にお参りがしやすいようなところも存在します。

また、偉人のお墓があるようなお寺や有名な建築家がこの種の納骨方法を設計した場所などもあり、このような点でも魅力的な場合が多いようです。さらにいろいろな種類の樹木がシンボルツリーとして使われているため、自分の好みに合った木を選びやすいと考えられます。

この他でも和風庭園などさまざまなタイプのところがあり、また都会の中で特にきれいな公園になっている場所の中に造られたものを探すことも可能です。なお東京の場合では、バリアフリーが多いのでベビーカーや車椅子でもお参りしやすく、さらにセキュリティに力を入れているところなどもあります。

そして休憩しやすい場所やトイレが多かったり、また駐車場があるなど、いろいろなタイプの人たちが利用しやすい樹木葬も探せます。

 

この種の場所を東京で選ぶ場合の注意点

東京でこのようなところを探す場合に特に考えたほうが良いのは、自分の希望に合ったところや家族などが反対しないような場所を選ぶということです。そしてそのような樹木葬を選ぶ際には、事前に下見をするようにして本当に満足できるところかどうかを調べてみることをおすすめします。

またその場合には業者に質問などをしっかりとして、どのようなスポットがあるのかなどを十分に知っておくことも大切です。さらに東京以外でも用地を持っているところがたくさんあるので、そのようなところを利用することも考えてみると良いでしょう。

 

樹木葬とは木を目印にした埋葬方法であり、この場合は永代供養となるので後継ぎがいなくても利用することができます。そしてこの種の樹木葬には里山型と公園型の2種類があり、東京の場合には後者となっていて通いやすいところが多いようです。

このような埋葬方法は普通のお墓に比べてかなり料金が安くなり、子供のいない個人や夫婦でも使えるというメリットが考えられます。さらに東京の場合には有名な建築家が設計していたり、きれいな公園の中にあるなどの魅力的な場所も存在します。

その上に駅の近くだったり、有名な東京の場所に近くて買物などをした後に利用できるようなところも探せます。またバリアフリーも多く、休憩所がたくさんある場所も選べるので、その点でもいろいろなタイプの人たちが使いやすいと言えるでしょう。

なお樹木葬を探す場合には、下見をしたり業者の人に質問をしたりして十分に納得してから選ぶことが大切です。

 

サイト内検索
記事一覧