お墓参りしやすく、管理が行き届いた東京都内の樹木葬を行う墓苑を紹介

お墓を買わずに東京都内で樹木葬を選ぶメリットとは?

お墓を買わない樹木葬のメリット

 

樹木葬を選ぶメリットは「値段の安さ」にあるため、お墓は高くて手を出せないという方にとっては非常に大きなメリットがあります。
「永代供養とは?」と合わせて樹木葬を見ていきましょう。

 

 

永代供養を覚えておきたい

永代供養という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、その内容については曖昧ではないでしょうか?
樹木葬と永代供養は深い関係があり、殆どの樹木葬は永代供養となっています。
永代供養はお墓を所有せず、霊園に永代に渡った供養をお願いするという葬法です。
初期コストとして永代使用料を支払うだけで埋葬できるので、墓石代や管理費用などのコストをカットできます。
お墓を建てる時は墓石素材の出費が大きく、お墓を立てた後は霊園に対してスペース料を支払い続ける必要があります。
永代供養の場合は合同埋葬として他の魂と一緒に埋葬することができるので、継続して必要となるコストが基本的にありません。
また、お墓は家族にとって財産でもあるので、お墓の所有者が亡くなった時は遺産相続から引き継ぐことになります。
永代供養の場合はそれがありません。
今後の葬儀業界においては樹木葬が普及していく可能性が高いですが、そうなった場合は従来のようにお墓を建てるスタンスの樹木葬が人気になることも想定されます。
その場合、「樹木葬=永代供養」ではなくなるため、いずれにしても永代供養とはどんな葬法なのかを理解しておくことは大切です。

値段の安さが最大のメリット

樹木葬を選ぶ最大のメリットは値段の安さです。
お墓を所有する場合は100万円~300万円ほどはみておきたいところですが、樹木葬の場合なら低価格帯で10万円ほどで済みます。
もちろん、樹木葬にも様々なプランがあるので大きな相場帯なら30万円~150万円ほどが相場となってきます。
要は樹木葬の殆どは永代供養であることからも、お墓を所有することなく埋葬できるので費用が安くなるという仕組みです。
逆に樹木葬でもお墓を所有する場合は費用が高く付くので、永代供養を利用するかどうかを最初に考えておくことが大事です。
また、埋葬方法に関しては合同埋葬の方が相場が安いです。
出来る限り費用を抑えて埋葬したいなら、各霊園の樹木葬プランを比較しておくようにしましょう。

費用面以外のメリットとしては

・魂の回帰に夢がある
・霊園がオシャレ

という点も魅力です。
樹木葬は木の根に埋葬するので、自然に回帰した魂が木に宿るという考え方は夢があります。
また、樹木葬がメインとなっている霊園はガーデンパークのようにオシャレな作りになっているところが多いので、家族でフラッとお墓参りをしやすいです。
これは結局のところ供養に繋がるので、永代供養とはいえ故人への想いや繋がりを強く持ちやすいことは大きなメリットです。

社会にとっても自然増加のメリットがある

墓石を建てることに対して木を植えるというのは、社会にとって自然が増えるというメリットがありますね。
特に東京都は大都会であり、他の地域に比べると自然が少ないです。
墓石霊園のすべてが樹木葬霊園になると、従来よりは間違いなく自然が多くなります。
現状としては自然の少ないところに樹木葬霊園を作るというよりも、霊園として運営されている敷地において木々が増えるというイメージです。
霊園は法に沿って運営する必要があるので、街中にある自然公園のような感覚では開発できません。
今は世界においてエコやリサイクルなど、地球に優しいサービスに努力することが求められており、それは葬儀業界にとっても樹木葬という形が普及していく可能性は大いにあります。
すでに欧米では樹木葬はメジャーな埋葬方法となっています。

サイト内検索
樹木葬5選
青山梅窓院墓苑(梅林苑)(ばいそういん)
町田いずみ浄苑(まちだいずみじょうえん)
宝珠院 芝庭苑(ほうじゅいん しばていえん)
花小金井ふれあいパーク
道往寺(どうおうじ) 高輪庭苑(たかなわていえん)
記事一覧