お墓参りしやすく、管理が行き届いた東京都内の樹木葬を行う墓苑を紹介

樹木葬に維持費はかかる?

以前の日本では墓地を購入して墓石を建てるのが一般的でしたが、現代は草や木、花などの植物の下で、自然に還りたい人が増えており、樹木葬を希望しているご家庭が増えています。

墓石を購入するよりも費用を抑えることが出来ますが、埋葬の種類の方法によっても必要な費用が違ってきます。

基本的には永代供養になっていますが、管理費などの維持費が必要な霊園もあります。

 

墓石を購入するよりも費用が安いのが特徴です

現代は少子高齢化が進んでいるため、お子様や孫にお墓の管理をしてもらうのが難しいケースもあります。

以前の日本では墓石を購入するのが一般的でしたが、現代はお墓を持たずに埋葬をしてほしい人が増加しています。

樹木葬は木や花などの植物の下で、遺骨を埋葬する方法なので従来の墓地のように墓石を建てる必要がないのが特徴です。

墓石を購入すると150万円から、200万円前後の費用が必要ですが、樹木の埋葬の場合は10万円から、100万円前後と費用を抑えることが出来ます。

また、気になる維持費ですが、基本的には永代供養になっているため、管理費は必要ない霊園もあります。

利用する霊園によっても多少の違いがありますが、5千円から1万円前後の管理費が必要な所もあります。

 

埋葬の種類によっても費用が違ってきます

樹木葬は大変ポピュラーになっており、霊園によっても埋葬の種類にも違いがあります。

他の遺骨と一緒に埋葬をする場合費用は5万円から、10万円前後になっており、集合型や個別型の場合は30万円から、40万円前後になっています。

文字を刻印する場合は別途で費用が必要になりますし、永代供養に必要なお金も必要です。

地元で人気の高い霊園は、事前に電話を入れておくとお墓に関する悩みや、費用の相談もしやすいので安心して利用できます。

現代は墓石を建てるよりも、草や花、木などの自然の下で、土に還りたいと希望している人も多いため、霊園のスタッフに相談をしてみると良いでしょう。

墓石を建てるよりも費用を抑えることが出来ますが、ある程度の費用も必要なので、平均的な相場を知っておく必要があります。

優良な霊園を選ぶと費用の面でも相談がしやすいです。

 

霊園によって管理費などの費用が違ってきます

50代、60代ぐらいの年齢になると、人生の最期について真剣に考えている人が増えており、終活を始める人も増加しています。

お墓を建立してしまうと、管理をするためにお子様や孫に負担がかかりますし、お子様のいないご家庭では、お墓の管理をする人がいないので悩んでいる人が少なくありません。

樹木葬を希望している場合は、埋葬の種類によっても費用が違ってきますし、永代供養を依頼する場合は費用も必要になります。

霊園によって多少は管理費などの維持費も違ってくるので、資料請求をする時や電話をする時に相談をしてみることが大事です。

現代では大変ポピュラーになっており、希望をしている人が多いですが、後で費用のことでトラブルを避けるためには、納得が行くまで打ち合わせをすることが大事です。

 

現代は少子高齢化が進んでいるため、孫やお子様などの家族にお墓の管理をしてもらうのに抵抗を感じたり、お子様のいない人はお墓の悩みを持っている人が増加しています。

以前は墓石を建てるお墓が一般的でしたが、現代は草や花、木などの植物の下で、埋葬をしてもらう樹木葬に関心を持っている人が増えています。

墓石を建立する必要がないため、墓地を購入して墓石を建てるよりも費用を抑えることが出来ます。

地元で評判の高い霊園を利用すると、費用や維持費の相談がしやすいのが特徴です。

基本的には永代供養になっているため、管理費が必要ない所もあります。

サイト内検索
樹木葬5選
青山梅窓院墓苑(梅林苑)(ばいそういん)
町田いずみ浄苑(まちだいずみじょうえん)
宝珠院 芝庭苑(ほうじゅいん しばていえん)
花小金井ふれあいパーク
道往寺(どうおうじ) 高輪庭苑(たかなわていえん)
記事一覧