お墓参りしやすく、管理が行き届いた東京都内の樹木葬を行う墓苑を紹介

東京都内の樹木葬の初期費用と管理費の相場について

樹木葬の初期費用と管理費用

 

 

樹木葬で最も気になるのは費用ですね。
樹木葬の費用は「永代使用料」+「年間管理費用」がベースとなり、「永代供養料」や「プレート等のオプション」は霊園によって有無が異なります。

 

 

樹木葬の費用構成

最初に樹木葬の費用の内訳を把握しておきましょう。

・永代使用料
・年間管理費用
・埋葬料
・永代供養料
・プレート等のオプション費用

すべての霊園において樹木葬の費用内訳は一律ではなく、必ず必要となるのは「永代使用料」のみです。
永代使用料というのは霊園の使用料です。
これは永代供養の有無に関わらず、必ず必要となります。
永代使用は樹木葬において初期コストにあたるため、この費用以外にコストが掛からない場合は最初に永代使用料を支払えばその後は一切コストが発生しません。
樹木葬の永代使用料の相場は10万円前後~150万円ほどですが、この値幅の理由は「区画」にあります。
霊園内には様々な区画があり、これはシンプルにグレードとして認識しておけば分かりやすいです。
また、区画面積が広くなるほど永代使用料も比例するので、最小限にコストを抑えるなら最低区画を選ぶのが理想です。
また、樹木葬の埋葬方法は「個別埋葬」と「合同埋葬」がありますが、値段が安いのは合同埋葬です。
合同埋葬の場合は他の魂と一緒に埋葬するので、区画や永代使用料は自然と決まってきます。
樹木葬の費用は主に「永代使用料」+「年間管理費用」で構成されますが、後者の年間管理費用に関しては霊園によって有無が異なります。
年間管理費用が掛かるところに埋葬するなら、毎年決められた費用を徴収されることになるので、コストを抑えたい場合は年間管理費用が無料の霊園を選びましょう。
ちなみに合同埋葬の場合は年間管理費用が無料のケースが殆どです。
年間管理費用も区画によって相場が異なり、区画面積が広くなるほど年間管理費用も高くなります。
ざっくりと5,000円前後~30,000円と幅が広いので、個人埋葬でグレードの高い区画を選ぶ時はしっかりと年間管理費用についても考慮しておくことが大切です。

永代供養料とは?

永代使用料は霊園のスペース費用、これに対して永代供養料というのは「永代供養の費用」が定義です。
永代供養は永代に渡って供養をお願いするサービスなので、お墓を購入しない場合は永代供養が選択肢となります。
樹木葬の場合は永代供養となっているお墓が多く、お墓を持ちたくないから樹木葬を検討する人も多いでしょう。
永代供養として樹木葬を利用する場合、その費用も「永代使用料」+「年間管理費用」がベースとなります。
この費用構成に別途として「永代供養料」が発生するかどうかは本当に霊園次第です。
理屈からいうと、永代使用料も永代供養料も意味合いは似たようなものです。
これを完全に区別する場合、永代使用料のみならば霊園は一切供養しないという定義になります。
個人スペースなら分かりますが、合同埋葬になると霊園に対する不信感が募りますね。
合同埋葬の樹木葬でも永代供養料が掛からないプランが大半なので、永代に渡って供養するという意味も踏まえて「永代使用料」+「年間管理費用」になっていると捉える方が霊園の現状が分かりやすいです。
少しきつい表現をすると、埋葬に掛かる費用の「名目」というのは基本的に何でも良く、「霊園側が埋葬や供養に関していくらでどこまで対応するのか?」が焦点となります。
費用を調べる際に「埋葬後にやってくれることは?」を聞いておけば良いです。
失敗しないためには東京都で霊園を探す時、「費用の内訳」として比較をすることです。
また、この作業を行う時は見学をしながら進める方が良いです。
各霊園で内訳の詳細を聞いていくことで上手に霊園を見つけられるようになります。

サイト内検索
樹木葬5選
青山梅窓院墓苑(梅林苑)(ばいそういん)
町田いずみ浄苑(まちだいずみじょうえん)
宝珠院 芝庭苑(ほうじゅいん しばていえん)
花小金井ふれあいパーク
道往寺(どうおうじ) 高輪庭苑(たかなわていえん)
記事一覧