お墓参りしやすく、管理が行き届いた東京都内の樹木葬を行う墓苑を紹介

東京23区と市部の樹木葬の費用って差があるの、ないの?

23区と市部で費用に違いはあるのか

 

東京23区と市部の樹木葬の費用は基本的に差があります。
これを深く追求していくと土地価格に辿り着くため、理論としてはマンションなどの賃貸相場と同じです。

 

 

樹木葬の相場は?

樹木葬は永代使用料のみで利用できるケースが最も安く、最小区画を選択したり合同埋葬を希望する場合は総額10万円前後で埋葬できます。
区画のグレードやオプションなどを含めて、樹木葬の相場は30万円~150万円ほどが相場とされており、一般的には30万円~50万円ほどを目安にすることが多いです。
樹木葬のメリットは色々とありますが、基本的にお墓を購入するよりも安上がりとなることが人気の理由です。
また、コストを抑えることに特化すると合同埋葬が理想となるので、その相場が10万円~30万円ほどになります。
安いところだと10万円以下のところもあります。

東京23区の樹木葬相場は?

東京23区の樹木葬相場は下限の価格帯が大よそ20万円前後、平均すると最安値相場でも30万円~40万円ほどを見積もっておきたいところです。
他の市部と比較した場合、東京23区においては相場が10万円~20万円ほど高くなります。
そのため、費用を安く抑えたい方は東京圏外で樹木葬を検討するほうが費用を安くできるでしょう。
値段だけを優先した場合に他市部なら5万円~10万円で樹木葬が可能、東京23区では20万円、その差は約10万円あります。
10万円もあればちょっとした旅行へいけますし、結構大きな差額です。
しかし、樹木葬は埋葬して終わりではなく、やっぱりお墓参りへ行くこともありますね。
他市部の霊園を利用すると、気軽にお墓参りへ行くのが難しくなります。
供養というのは死者への想いが大切であり、お墓参りへ行くことも1つの供養です。
そう考えると、相場の10万円差は大きいものの、出来れば自宅から近いところで樹木葬を検討しておき、時間のある時に家族で供養ができる環境の方が良いですね。

東京23区は不利ではない

どうして東京23区は土地価格が高いのか?これは様々な要因を考えられますが、シンプルに需要があるからです。
全国の中でも東京は人口が多く、仕事のためにやってくる方も多いですね。
実際、東京は各業界の本社がずらりと並び、日本政府の本拠地も東京にあります。
日本は東京を軸に発展していることは間違いなく、こうした背景を踏まえると地方の田舎に比べて土地価格が高騰するのは誰でも分かります。
土地価格が高いという点だけを見ると、樹木葬を東京23区で検討するのは不利です。
しかし、東京は土地価格が高いことに比例して収入の水準も高いです。
この収入の水準というのは「厚生労働省発表の平均時給」や「企業別の平均時給」など様々な指標がありますが、田舎の方が有利になる農業などを除外すると大抵は東京の平均時給はトップに入ってきます。
人口が多いほど経済の回転率が良くなるという単純な考え方でも、東京の収入が他府県に比べて高くなるのは容易に推測できますね。
東京23区で平均を下回る収入になっていない限り、東京23区で樹木葬を検討するのは不利というロジックは当てはまりません。
もちろん、収入というのは職業や職種など個々によって様々な事情や状況があり、「東京=裕福」というわけではありません。
樹木葬の費用に関してはどれだけコストの安さを追求しても一定の費用が掛かるので、どうしても費用を抑えなければならない場合は散骨など別の方法を検討する以外にありません。
これは他市部についても同じです。
また、東京は物価が高いことから生活水準が厳しいと感じる場合、樹木葬だけを他市部で検討するのではなく仕事や生活についても合わせて検討する必要があります。

サイト内検索
樹木葬5選
青山梅窓院墓苑(梅林苑)(ばいそういん)
町田いずみ浄苑(まちだいずみじょうえん)
宝珠院 芝庭苑(ほうじゅいん しばていえん)
花小金井ふれあいパーク
道往寺(どうおうじ) 高輪庭苑(たかなわていえん)
記事一覧